最終更新日: 2018年12月29日  

リーゼフォーメン ウォータリーローション ツヤ束スタイル レビュー&まとめ


花王より販売される「リーゼ」の男性向けラインの液体タイプのワックス(?)
値段は700円~900円くらい。

公式の紹介

・みずみずしいローションが髪全体に一気に伸びてなじみます。
・自然で軽やかな束感がつくれます。
・シャンプーのときもきしまず、やさしく洗い流せます。

ホールド力:3/3
おすすめレングス:ショート~ショートミディアム
質感:ウェット~ナチュラル

スタイリッシュグリーンの香り

管理人評価

セット力:3/10
ツヤ:3/10
操作性:4/10
束感:4/10
キープ力:5/10
洗い落とし:8/10

コメント

ウォータリーローションシリーズでは一番キープ力が高く、一番しっかりした毛束が作れるのがこの製品のようだ。

液体タイプのなので、セット力はあまりない。メーカー側は「軽い使い心地なのに、しっかりしたセット力を持たせることに成功しました。」と説明しているが、正直そんなことはない。他の液体タイプの整髪剤に比べれば、セット力がある方といえるが…

メーカーの推奨するようなあまりボリュームを出さないスタイルを作るか、ドライヤーやアイロンなどでしっかりボリュームを出した後に使用したいところ。ただ、思ったよりキープできる(あくまで“思ったより”というレベル)。一日中キープしたいなら、スプレーは必須。

束感はそれなり。多少の作りこみもできるし、ざっくりした束でも可。ローションというだけあって髪へのなじみはよく、洗い落としも非常によい

また、個人的にはべたつきがかなり抑えられていることが一番の強みだと思う。「ワックスやグリースでは、どうしてもベタつきが気になる…ただ、ヘアオイルだけではセット力・キープ力が物足りない」…そういった人にはこれ以上ない商品だと思う。

YOUTUBEでの紹介

Amazonのコメント

     

  • とろみのある透明の液体でしたが、がちがちに固めるホールド力はありません
    単体では1日もたないくらいなのでこの製品で髪の毛の大まかな形を作り
    さらに別の整髪料でかっちりさせています
    髪質やスタイル次第では単体でも問題ないかと(特に長髪の人)
    そういった意味ではヘアスタイリングを整えるための製品といえるかもしれないですね
  • 使用感の全体的な印象は価格相応のふつうな感じ、
    私は普段はハーブ・オイルを整髪料として使っているが、整髪力は同量ではオイルのほうがあります、
    ただし部分的に束にする・固める使用にはこの品のほうが良く、たしかにツヤもでます、
    香りは手に取ったときには少し香るが塗布後には分からなり、ほかの香りを利用するユーザーには便利、
    そして、どこでも購入しやすいのも利点でしょう

余談

リーゼフォーメンでは、このウォータリーシリーズの前に水感スタイリングとして、ウォータリーホイップシリーズを出しており、発売5カ月で60万本以上ほど売り上げた。作りこんだスタイルよりもナチュラルスタイルが最近流行っているということを裏付けている。このウォータリーシリーズも需要はあるのだろう。

一昔前も、フォグバーやウォーターワックスなど、液体タイプのスタイリング剤が流行ったが、他のワックスのように定番にはならなかった。アイロンで伸ばしたクセが戻ったり、カールが伸びたり、作りこみができなかったりするからだろうか。流行りの髪型が変われば、このスタイリング剤も廃れてしまうのかもしれない。

ふわ束スタイルはこちら→ リーゼフォーメン ウォータリーローション ふわ束スタイル レビュー&まとめ

画像引用元:https://www.kao.com/jp/corporate/news/2018/20180301-001/

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。