アリミノ ピース ウェットオイル ワックス レビュー&まとめ

ピースシリーズで有名なアリミノより発売されている、ウェット系のワックス。
値段は100gで定価2000円(税抜き)。

公式の紹介

固めずにウェットで強い動きを表現。
乾いてもパリパリにならずウェットな質感をキープ。ハードなセット力を保ちつつも髪を自由に動かせ、思い通りのスタイルをしっかりとホールドします。

セット力:4/5
ツヤ:3/5

管理人評価

セット力:6/10
ツヤ:8/10
操作性:7/10
束感:6/10
キープ力:6/10
洗い落とし:8/10

コメント

フリーズキープワックスを作っているピースということで、そのスペックが気になる人も多いでしょう。

セット力はそれなりに高いです。セット力が高いツヤ系のスタイリング剤である、クックグリースとまではいかないものの、しっかり立ち上げてキープしてくれます。

ツヤもそれなりに出ます。公式では3/5ですが、思ったよりツヤのある仕上がりになります。

ワックス自体のテクスチャはジェルっぽいですが、あくまでオイルワックス。ジェルではないため固まることもなく、問題なく再セットもできます。

クックグリースと比較

セット力は、クックグリースの方が高いです。ただ、セット力が高いスタイリング剤にありがちな引っかかりに関しては、アリミノオイルワックスの方が少ないです。1ヶ月半切っていない髪でもほとんど引っかかりを感じませんでした。

またグリースはアイロンなどでつけたカールが伸びやすいという特徴がありますが、アリミノオイルワックスは比較的伸びづらいです。

ツヤはそれなりに出ますが、クックグリースやジェルのようなギラギラ感はありません。しっかりしたツヤを求めるなら、クールグリースやピースウェットオイルグリースなどの方がよいかもしれません。

一口にツヤ系のスタイリング剤といっても、何を重視するかによってどんなものを使うかということも変わってきます。

今回の記事で紹介した特徴を持つスタイリング剤をお探しの方は、是非一度試してみて下さいね!

Amazonのコメント

     

  • 自分の髪質:結構強情でボリュームがあり直毛です。今はツーブロックです。それを踏まえた上で参考になれば
    これ単体ではツヤ感があり流れは作りやすいですが
    束感ややあり位、ただ付けた直後はホールド性に欠けます。時間が経つとある程度手直し出来る位にはなるのですがその頃には自分の髪もペタンとなってしまっているので言う事聞いてくれません。香りは若い人が好む感じの優しい系の香り(堅い仕事に方には向かない気がします)。
    ホールド対策としてハードワックスのマット系の(時間経つととゴワゴワする位のもの)を先に付けてその後にこれで流れ作ると夕方くらいでも艶ありながらも手直しがしっかり出来るようになります。(ヘルメット被ってもその後にちゃんとボリューム出せます。程度によりますが)
    今はとりあえずこのセットがいい感じです。
  • パーマをかけたミディアムショートヘアで使用。
    ガチガチに固めるわけではないのでセット後も手ぐしで直せるし、洗う時も落ちやすい。
    ドライで使っても艶はある程度出るし、もっとウェットにしたいなら半乾きの髪に使えばさらに艶が出るように簡単に調整できます。濡れ髪に対するセット力も十分です。
    とても使いやすいので、とりあえず1本持っておいて良いかと。
  • 美容室で最後のセットで使ってもらって知りました。
    いい香りが続くのと、セット感が凄く良かったので
    買いました。ジェル系ワックスは使いやすいですが
    これは特に使いやすさと持続感、香り含めて非常に気に入りました。

画像引用元:https://www.arimino.co.jp/products/peace/lineup/

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。