【髪質?長さ?】初心者必見!ヘアワックスの選び方【メンズ】

「自分に合ったワックスの選び方がわからない…」「ワックス?ジェル?グリース?どれを買えばいいの?」

そんな人って結構いるのでは?今回はワックスを買ったことがない人・買ったはいいけど思っていたのとちょっと違っていたというような人たちのために記事を書いていこうと思う。

ワックスを選ぶ上で一番重要なこと

ワックスやジェルなどの整髪剤を選ぶ上で最も重要なのは、髪質や髪の長さではない。自分がどんな髪型を作りたいかである。

例えば、ドライなワックスを使っても、ツヤのあるフォーマルなスタイルは作れない。逆にツヤの出るグリースやジェルなんかを使って、ナチュラルなスタイルやふわっとした質感のスタイルは作れない。

まずは自分が作りたいヘアスタイルを見つける。これが一番重要である。そこからその髪型を作れる整髪剤を選ぶようにしよう。

というわけで、自分のやりたい髪型を見つけるために、スタイルとそれにあったスタイリング剤をいくつか紹介していこう。

ツヤなし×ナチュラル

おすすめスタイリング剤

マットタイプのワックス

全体的にふわっとしていて、作りこんでいないような質感のスタイルを作りたいときはマットワックスがおすすめ。

ツヤややあり×ナチュラル

おすすめスタイリング剤

クリームタイプのワックス

ツヤを少し出して、ざっくりした束を作りたいという人はクリームタイプのワックスがおすすめ。あまりつけ過ぎず、少量でまとめるのがよいだろう。

またもっと細かい毛束がいいという人は、ファイバータイプのワックスがおすすめ。

もっとナチュラルな質感がいいという人はヘアオイルでまとめるのがおすすめ。

ツヤなし×束感

おすすめスタイリング剤

マットタイプのワックス

ツヤの出ないスタイルを作りたいときは基本的にマットタイプのワックスを使ってよいだろう。

またはアイロンでカールを作って、ツヤの出ないスプレーで固めるという方法でも可。

ツヤあり×束感

おすすめスタイリング剤

クリームタイプのワックス

しっかりした毛束を作る時にはクリームタイプのワックスがおすすめ。

ツヤなし×ハーフアップバング

おすすめスタイリング剤

マットタイプのワックス

マットタイプのワックスはツヤが出にくくてセット力の高いものが多く、前髪もしっかり立ち上げてくれる。

ツヤあり×ハーフアップバング

おすすめスタイリング剤

グリース

ツヤが出るスタイルといえばグリース。ハーフアップバングのようなスタイルを作る際には、しっかり立ち上げられるハードなものを選んだり、固いワックスを混ぜたりするのがよいだろう。

ジェルでもいいが、ハーフアップバングなどに多い、少し毛束を作ったスタイルでは、操作性のよいグリースの方がベター。

ツヤなし×無造作

おすすめスタイリング剤

マットタイプのワックス

ツヤのないスタイルなので、やはりマットタイプのワックスがベスト。このスタイルのように少し束を作りたいときはクリームタイプやファイバータイプのワックスを混ぜた方が作りやすい。

ツヤあり×無造作

おすすめスタイリング剤

グリース

ツヤを出して無造作に散らすようなスタイルはグリースの得意分野。アイロンでカールを作るときは柔らかいグリースを使えばカールが伸びにくくなる。

ビジネススタイル

おすすめスタイリング剤

ジェル

あまり細かい動きをつけず、ツヤを出して立ち上げたいときはジェル。ビジネスマンの忙しい朝には、ささっと決まるジェルがおすすめ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回はとりあえず数スタイルを紹介したが、世の中にはもっとたくさんのヘアスタイルがある。

本記事が多少なりとも、読者のみなさんが作りたいスタイルを見つける足掛かりとなれば幸いだ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。